金属餐具图片

ASRを選別することでマテリアルリサイクル※1を実施し、その他選別品をサーマルリサイクル※2しています。
豊田メタルでは100%近いASRリサイクル率を達成しています。

※1マテリアルリサイクルとは、選別品をもう一度素材へ戻すことを言います。

※2サーマルリサイクルとは、選別品のエネルギーを活用することを言います。

金属护栏图片

金属美甲图片

シュレッダーの集塵機で吸引されたASRは、計量後重機でホッパーへ投入され次工程へ進みます。

金属美甲图片

サイズを大小に選別します。

3風力選別→比重選別

サイズ小は、2種類の選別機で軽量物を選別します。
比重選別後はガラスとして活用されます。

ガラス(マテリアルリサイクル活用品)

ショットブラスト粒用添加剤やセメント原料として活用されます。

4破砕・粉砕→風力選別

サイズ大は破砕・粉砕後、風力選別で軽量物を選別します。

5サイズ選別(ふるい)

サイズを大小に選別します。

6浮沈選別→粉砕→比重選別

サイズ大は浮沈選別工程へ進みます。
浮いたものは再生樹脂、沈んだものは比重選別し非鉄金属として出荷されます。

樹脂(マテリアルリサイクル活用品)

非鉄金属(マテリアルリサイクル活用品)

7比重選別

サイズ小は比重選別で重量物の銅を取り出し出荷します。

8固化成型

各風力選別、比重選別で取り出された軽量物は溶融固化物にします。

ダライ固化物

自動車工場鉄スクラップ(切粉)を混合し成型した溶融固化物で、電炉原燃料として活用されます。

固化物ベーラー

自動車工場鉄スクラップ(端材)と溶融固化物を混合しプレスしたもので、電炉原燃料として活用されます。